プロフィール

chobi

Author:chobi
子供の頃から魚釣が大好きなおじさんです
大阪泉大津中心に紀州釣りで
年無目指して楽しんでます

釣行記録と日々の覚書に使ってます
釣りに関する事を忘れる前にかきとめる
そんなブログですがよろしく

2014年よりフカセ釣りも始めました!
2016年より落とし込みにも挑戦してます!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


只今の閲覧者


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チヌ釣りのためにチヌを知る

チヌ釣りのためにチヌを知る
[頭の中の整理のために]

チヌの聴覚、視覚、嗅覚について長~い『つぶやき』

聴覚:
チヌ釣りで良く聞くあるある事例として釣れた時は
1.居眠りをしている時
2.トイレで釣り座を離れた時
3.ふらふらと周りの釣果をのぞき見に行った時
4.ギャラリーと夢中で話し込んだ時など
置き竿を海中に持っていかれたことのある方はどれかに当てはまるんじゃないですか

このような例は、釣り人の気配が消える瞬間だと思う。
チヌが警戒する音(気配)がなくなり警戒心が解けるときですね。

でも、常に騒音の場所でもチヌは釣れる。
例えば船がエンジンをかけて荷物の積み下ろしをしているような船着き場、
これは毎日聞きなれた音となりこの場のチヌはこれが普通だと感じているに違いない。
おそらく居付きのチヌ(黒い)が多く釣れるように思う。
ただこのような釣り場でも聞きなれない人の声や足音、
車のエンジンが聞こえると一気に警戒心を抱くことになると思う。
釣り場で音を立てないは最低限必要なことだと思う。
今から思えば上手な方は無駄な動きが無く静かに釣りをされています

またチヌは居るが団子では釣れない
と言われる釣場でも団子を毎日投げ続けると
釣れるようになると聞いた事がある。
団子に慣れさせるのだと聞いたが、
ヌカに慣れさせるのかと思ったが団子の着水音に慣れ
警戒心がなくなるためかも知れないと思うようになった。
かかり釣りでは静かに団子を沈めているのもこのためでしょうか。

視覚:
チヌ釣りのエサはオキアミ、コーン、ボケ、イガイ、
フジツボ、カニ、スイカ...等など沢山あります。
しかし、この魚は色盲といわれています。
色を見分けているのか疑問ですが色盲を調べていると
次のことがわかりました。
普段何気なく見ている色でも色盲は全く違った色に見える。
人間と同じであればという条件付だが、
黄、黒、青、白はほぼそのままの色で見えます。
黄色はコーン、黒はイガイ、青は???、白はオシムギで
オシムギやコーンが好んで食べるのは海底でも
チヌに良く見えている(アピール出来ている)のかもしれない。
青いエサが思いつかないが青く染めたオシムギも意外と好んで捕食するかも知れません。
海底に色を添えるなら、黄、青、白の三色を配合すれば良いかも。
次に、チヌは何処の方向が良く見えるのか。
ピントが合ってよく見える方向は下向きといわれています。
チヌは底を釣れと言われるように、海底でエサを捕食するのもこれが原因かと思います。
ただ落とし込みに代表されるように落下するエサに反応もします。
これは目でエサを確認する前に落下してくる黒い物体に反応していると思う。
下向き以外はぼんやりと見えているらしい。
聴覚と同じで普段岸壁から自然落下してくるイガイやカニを
毎日捕食しているチヌにはエサであることを学習し
抵抗無く動きに反応してくると思う。
ただし、釣りとなれば微妙なアタリを的確に捉え
針がかりさせるのはそう簡単では無いと思いますが。

良く見る光景で船底の貝を食べているチヌは上を向いてつつくと言うより
横になってつついているようなイメージがある。
やはり止まっているエサは下向きが見やすい為でしょうか。

嗅覚:
チヌ釣りでは先ずチヌをポイントに引き寄せることが大事です。
特に透明度の低いところでは視力の悪いチヌには
嗅覚を刺激し寄せることがポイントと思う。
その為の最良の集魚材はアミエビと考えてます。
足場の良い波止メインの釣行では特にサビキシーズンの
アミエビのおかげでチヌも慣れ親しんだ集魚材のはずです。
ヌカ、砂、蛹、オシムギ、アミエビが標準でこの中で
嗅覚を刺激するのは蛹とアミエビ、
視覚はオシムギ、
ヌカは濁り、
砂は錘の役目。
ブレンド配合エサにアミエビ系が少ないのは
安いアミエビレンガがあれば必要ないのだろうと勝手に想像している。
仮に同系統のブレンドエサを配合しても匂いが倍増することなく効果が少なく思える。
それならばニンニクやもっとにおいの強烈な集魚材をぶち込んだ方がチヌを刺激すると思う。
数種類混ぜることで色んな匂いで嗅覚を刺激すれば
その日のアタリ集魚材に出くわすことが多いはず。

勝手な想像でだらだら書きましたがポイントは

1.数種類の強力な匂いでチヌを寄せる
2.寄せたチヌは視覚を刺激して口を使わす
3.そのためには音を立てず警戒心を与えない
4.たまには釣り人の気配を消す(居眠は最高の気配消し)

これで爆釣出来れば言うことなしだが、そうは簡単に行かないのが釣りの楽しいところですね
次は口を使ったチヌの行動を調べてガッチリ針かかりさせ、
尚且つ飲み込まれないような方法を勉強します。


後で読み返せばきっと赤面するような内容だと思う。
そう思えれば少しはチヌの理解が深まった事でしょう。
その日を楽しみとします。


視覚に関しては「大阪府の色覚障がいのある人に配慮した 色使いのガイドラインクリック出来ます↑
を参考にさせて頂きました。 大阪府も府民の為に色々と考えているんだなと改めて感謝します。

また、つぶやきに最後まで目を通していただき有難うございました m(_ _)m

コメント

ごめんなさい。 ハイ、釣り場では騒がないで静かにします。

舟を止めるときに、アクセル吹かすんですよ

ディーゼルだから、、、

しかし、チヌの為にチヌを知る。。。

この記事、書きながらチヌが頭から離れないのですね。

魚を知る。。。。ハイ、私ももっと知る必要を感じました。



寄せて、見せて、あげる。。。 

これ~~~~ ご家庭では言わないほうがいいかもしれない。

そう、、、思った無粋なAGAですが、許してください。
2013-06-07 11:21 AGA #- URL編集 ]

AGAさん

無粋? それはさておき
頭の中はチヌだらけ?です
どうせならチヌに生まれ
釣り師を魅惑する側が良かったかも

2013-06-07 20:58 chobi #- URL [ 編集 ]

チヌに生まれて、、、、、って

ギャハ そうか、、その手もあった。。。

人間様をって考えじゃなくて。、

チヌ様が、、人間どもをって感じも、、、

私だったら、、、、チョイスが悩むなあ~~

ヤッパリ、GTだな。。。
2013-06-08 13:39 AGA #- URL編集 ]

AGAさん

GT スケールが大きくて良いですね
強くてカッコ良くて
まるでAGAさんみたいですよ m(_ _)m

コメントもらった時ちょうど
釣場に着く頃でした

なんか良い予感が...

でも何も無かったです
やっぱりチヌになりたい (~^)v

「寄せて、見せて、あげる」 
無粋なもんで まだまだ修行が

明日は実家で用事が
釣りはお休みです
2013-06-08 20:56 chobi #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toshinashi50.blog.fc2.com/tb.php/94-c84bbbca

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。