プロフィール

chobi

Author:chobi
子供の頃から魚釣が大好きなおじさんです
大阪泉大津中心に紀州釣りで
年無目指して楽しんでます

釣行記録と日々の覚書に使ってます
釣りに関する事を忘れる前にかきとめる
そんなブログですがよろしく

2014年よりフカセ釣りも始めました!
2016年より落とし込みにも挑戦してます!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


只今の閲覧者


まとめ

今日の釣行

今日は新しい場所に行こう
と急遽思い立ち走りはじめましたが
いつもの場所で釣り仲間が集合しているみたいだったので
途中立ち寄ることにしました
すると朝から30cmを筆頭に4枚上がっていたので
そのまま強引に割り込ませていただき釣り開始
仲間内で釣りすると割り込めるので非常に助かります

で、釣果はあたり全く無しの完全ボーズを食らいました
これで3回連続です
今までの好調がどこかへ...

新しい場所にしとけばよかったかな
新しい場所といっても竿を出したことが無い場所なので
釣りをしても良いところかどうか?です。
師匠いわくOKとの事ですが、全く初めての場所で一人では非常に不安がありますね

今日の釣り場の選択は正しかったことにしておきます
仲間内でワイワイ出来たことですから

今日はタモ入れ

今日は釣り友からの連絡があり久しぶりに一緒に釣りをすることになった
彼は釣れないホームグランドを一時離れて多くなくてもコンスタントに上がっている場所で釣ってみたい
その彼は見事40cmの今年初チヌを釣り上げました。
この時私はタモ入れで活躍?と今年最高の緊張をしました。
デカイ! いきなり私の最長寸を超えてます

私は完全ボーズで終わりましたが、彼には釣れた理由がありました
毎回捨て団子をポイントに投げ続けていました
絶え間なく団子投入です。
私とは団子量が倍ほど違います

その中にもう一工夫あったそうです。
私の文章力では説明できないので割愛します

なんで今まで釣れなかったんか? やっぱり場所選びは重要なんですね
魚の居るところで釣る どんなに厳しい条件でも 魚がいれば 上手い人は釣る

まだまだ勉強すること山ほどあります
きっと終わりは無いでしょう。

この団子投入はある方からの教えだそうです。
忠実に守った彼だからこそ今年初チヌをGETできたのだと思います。
基本に忠実かつ諦めずに紀州釣りを楽しんだ結果だと思います
おめでとうございます。

帽子

別にブログに書くほどの特別なことでもないのですが...
釣行話題が無いもので

使い込んだ古さのある帽子が好きなんです
でも汚れきった感じではなく清潔感のある古さです

そこで帽子は2回に一度は洗うようにしています。
汗と団子で結構頑固な汚れですが早めに洗えば
いつも気持ちよくかぶれます

洗い方は、帽子を水でよく濡らし 100均で売っている
シャツの襟・袖用のスプレーを汚れたところに吹きかけ
しばらく放置です
その後、汚れ部を集中して手で洗い、後は全体を軽く洗います
帽子用にブラシを買ってゴシゴシでも良いと思いますが
そこまで汚れる前に洗うのがベストです

次に乾燥ですが、タオルで水分を良くふき取り
形も整えてます、その後天日干しです。
水が滴るような感じで干すと重みで形くずれしますし
乾燥まで無駄に時間がかかります

愛着のある帽子と一緒に紀州釣りしてます。
帽子は↓
IMG_0546.jpg
右は冬用で一番古い付き合いで私の紀州釣りを良く知ってます
真ん中は師匠からの頂き物です
左は大特価で買いました
今は真ん中と左をローテーションしてます。
この他にも控えは居るんですよ

この帽子をかぶって紀州釣りしていたら気軽に声をかけてください

紀州釣りスタイルのいろいろ

紀州釣りにはいろいろなスタイルがあると思うのです
大きく分ければ
1.あたり合わせ
2.じっくり消し込み合わせ

私は、師匠の教えもあり消し込み合わせに寄っています
理由)
1.捕らえられる確立が高い
2.ウキが一瞬で消しこまれる(消える)感覚がたまらない
上手く表現出来ないがドンと引きずり込まれたウキを
ドンとあわせる感覚が良い(重量感の引きと合わせ)
また、常にウキに注意を払って無くてもOK
長いときで12時間ウキに集中し続けるのは無理
(集中力の無い私には最適です)

あたり合わせの方でも2パターンあります。
良く見ていると、団子を投げる、
するとすぐにビュンビュン。
アレレ釣れているのはボラです。
そうです、ボラのあたりであわせてます。
これではチヌが寄る前にボラをかけポイントを荒らしています。
疲れるし、ハリスは切られる、ウキは無くなる、下手すりゃ竿も折る。
でもあたりが少なければ反応してしまいます。(釣り人の習性ですね)

あたり合わせでも上手な人は、団子投入後のあたりはスルーします。
頻繁にあたるボラあたりをやり過ごしてから勝負してます。
ウキが静かになってから次の反応です
きっとチヌの確立は高くなると思います。
でもベテランさんに聞いても、チヌとボラのあたりは区別がつかない。
区別がつく前に合わせているからです。
半々で勝負している方多いです。(半々とわかって勝負してます)

でも、ボラをかけた後の針外しが上手な方がいます。
ボラだと解れば竿を上に下にです。
音で表現すればビュンビュンです。
これで針が外れ、すぐ次の団子に入れます。

これをもう少し我慢したのが消し込みです
ピックと反応するウキの次の動きを見るのです。
ボラのあたりはウキがピョンピョンします。
次に消しこまれても必ずすぐにピョーンと飛び出してきます。
ほんの少しウキを長く見れば判断できます。
一気に消しこまれ、ウキが上がってこなければ、ドンと合わせを入れます
最低でも2秒待つ。(気持ちです)

ここまで待てば確実にチヌのあたりを捉えられます。
ボラ取り込みやハリスを切られたりの時間ロスが少なくなります。
その代わり合わせの回数は減るでしょう

私は、団子投入後ラインを整え、ボラあたりが有るかだけ確認し、
釣り座から離れた場所でウキを眺めていることが多いです。
日陰でということも有るのですが、遠くから見ていると、ウキに反応が出て
消しこんでから近づき竿を持って合わせを入れる。
こんなパターンが多いです。
極端な釣り方かも知れませんね。

どのスタイルでチヌを釣るかは釣り人次第です。

どの釣り方が正しいとかも無いと思います。
楽しく釣りが出来、ストレスが残らなければ最高です

沢山の方の意見も聞きたいですね。

いつもと違う釣行でした

今日は2年ぶりくらいで我が家の釣りともを連れて行きました。
暑さが心配でしたが風があり少しましで良かったです
釣果の方は完全ボーズでしたがいつもと違う釣行になりました。
団子投入 その後散歩 のんびり釣るのもたまには良いですね。
家族にはお姫様のような待遇だねと言われてます。(♂ですけど...)
IMG_0542.jpg

今日はチヌから来てくれました

釣り場に着くとお馴染みのベテランさんがキビレをGETしてました。
しかもでかい、サイズはからせてぇ~といって計ると44cm。
うぅ~んナイスサイズ。
テンション上げ上げで早速釣りを始めるも一向に気配なし。
ベテランさんからは朝からその場所でやってたけどあたり無いよとポツリ。
でも夕方の地合いにはと気持ちを切り替え団子を打ちまくる。
ウキがモゾモゾしたようなしないような???で
様子見るも次の反応無し、
回収しようとしたとき アレェ根掛り? その時グググゥ~と走り始めます。
あわてて真剣に取り込み難なく得ましたが がっちり飲み込まれてます。
それがこの30cmです。
写真良く見るとババたれてます。本当のババタレです。
良く見て写真撮ればよかった、チヌも私も恥ずかしい。
その後、同じような居食いが3回程、すべて外れとハリス切れです。
正体は???です。
IMG_0541.jpg

自分の活性を上げるために買っちゃいました

今日は関電さんのご好意で休みでした(停電は無かったですが)
日頃、行けなかった釣り場探検に行くつもりでしたが
M?Xに近づくとついつい寄っちゃって、ポイントもあるから買っちゃいました。
プラス800円也。
今メインで使っているリールはバスつり用のTDSです。
塩水にまける前に引退させてやりたいと思ってました。
これは最低1年に一回(冬)には出来る限り分解清掃・グリスアップで
コンディションを保ってました。
CREST2500は価格的にリーズナブルでヌカ・砂に耐えてくれると信じてます。
もちろんメンテはしますけど。
大事に使わせてもらいます。
TDSご苦労様でした。

ということでTDSご苦労様会を砂上げ場で行って来ました。
場所はここです↓
IMG_0536.jpg
ボラ一枚の結果でしたが、最後に踏ん張り見せれて満足してもらえたかな?
それとも早く引退したかったんかな?

頭はいつも紀州釣り

今日は先日買った珪砂について

珪砂は粒が細かくしかも重い
いつもの砂と同じで配合すると、
終盤は砂だらけになって団子がまとまらない。
ということは、団子を混ぜるたびに比重の重い砂は
どんどん下へ下がっていき
底は砂だらけって感じです

良く釣り場で自分で配合するんですか 
何を配合して分量は?って聞かれるのですが
恥ずかしいぐらい配合は適当で
バッカンにこれくらいヌカを入れて、さなぎ粉は・・・と
全く伝わらない具体性のない説明です
人によってはこの容器にヌカ何杯、サナギ粉何杯、砂何杯・・・
きっちりされている方居ますね関心します。
こうすれば毎回団子も同じ感覚で握れるのですね。
私は現物あわせで握った感覚で微調整しますが、大半は一発勝負です。

いつもの団子の作り方はいたって簡単
1.バッカンにヌカを入れる
2.砂を入れる
3.さなぎ粉を入れる
4.オシムギを入れる
5.場合によってアミエビを入れる
後はぐちゃぐちゃかき混ぜ、水を少々で整える

珪砂を使っては
1.バッカンに砂を入れる
2.サナギ粉を入れる
3.アミエビを入れる
4.アミエビをすりつぶすようによくかき混ぜる
5.ヌカを入れる
6.オシムギを入れる
7.またかき混ぜる
8.水少々で整える
これで、砂にサナギ粉、アミエビがまとわりついてバッカンの底に沈みにくくなった
様な気がする
しばらくこれで様子見します

2012年釣果

2012年10月20日(紀州釣り)チヌ27cm、25cm、20cm、キビレ20cm
中潮)
IMG_0586.jpg

IMG_0592.jpg



2012年10月14日(紀州釣り)チヌ25cm、キビレ5匹:20cm前後
大潮)
IMG_0584.jpg

IMG_0582.jpg



2012年10月8日(紀州釣り) 手のひらサイズのキビレ4匹
小潮)
IMG_0569.jpg
他3匹

2012年10月7日(紀州釣り) 手のひらサイズのキビレ2匹

2012年9月22日(紀州釣り) チヌ25cm,24cm
小潮 満)14:53
120922_172813.jpg


2012年9月16日(紀州釣り) チヌ?cm,?cm(推定10~15cm)
大潮 満)
*写真無し

2012年8月11日(紀州釣り) チヌ31cm,21cm,20cm
小潮 満)
IMG_0555.jpg


2012年7月21日(紀州釣り) チヌ30cm
中潮 満)20:51
IMG_0541.jpg


2012年7月16日(紀州釣り) キビレ31cm、チヌ34cm
中潮 満)18:47
IMG_0535.jpg

2012年7月15日(紀州釣り) 21cm
中潮 満)18:36
IMG_0532.jpg

2012年7月8日(紀州釣り) 34cm
中潮 満)9:24
IMG_0531.jpg

2012年6月30日(紀州釣り) 38,36cm
若潮 満)17:34
IMG_0526.jpg

2012年6月10日(紀州釣り) 35,34cm
中潮 満)10:31
IMG_0507.jpg

2012年1月22日(エビまき) 44.5cm
中潮 満)17:49
今年初釣りの釣果です
120122_174634.jpg


暑いですが行っちゃいました

暑いですが好きなもんで今日も行ってきました
日焼け止めを頻繁に塗るも顔はツートン状態です

釣果は濁りがあり 半分諦めていましたが
3回のあたりで2枚しとめることが出来ました

あたりは3回とも根ウキが気持ちよく消しこまれましたが、
1回は鉄柱に巻かれハリス切れ

数釣りするのはチャンスは確実にものにする腕が必要ですね

今日も天狗堂でお買い物、これで五連勝です。
あと、マルキュウのチヌベスト(ウエットタイプ)を買いました。
これは次回以降に使って見ます。

 | ホーム |  次のページ»»